シンゾウアプリアナザーストーリー

本施策は東京コミュニケーションアート専門学校( @TCACRE )さんとのコラボによる学生さんの創作チャレンジ企画です。

シンゾウアプリの世界観をベースに学生さんがどんな想像を膨らませるか? 我々運営サイドも楽しみです!

シーズン1

...おい、そこの者。

儂の臓器を持つ者よ。

この声が届いているか?

ふむ、この書物が真ならば、聞こえているであろうが...

逆に儂には臓器を持つ者の声が届かぬかもしれんな。

ならば...

そこの者。今から儂の指示に従え。

よいな?

まず、目の前にあるそれを触れ。

ただし、そっと、優しく、赤子に触れる様にじゃ


優しく触れる 59%

強く痛くする 41%


痛み...いや、擽ったい。妙な感覚じゃの。

まぁ、よい。呪いが真だと、よお分かった。

...。

今のは貴様の...驚きか。

感情が伝わってくるのだな。

声は聞こえて来ずとも、意思疎通はなんとか出来そうじゃのう。

これは、信じざるを得まいな。

...。

困惑か。

無理もない。

よかろう、説明するぞ。

心して聞け。

これは「心ノ臓ノ晒シ刑」という呪術じゃ。

呪いの対象者の心臓を切り抜き、他者に引き渡すという。

世にも惨たらしい呪術じゃ。

耳にしたことはないか?

...。

うむ、混乱しているようじゃな。

だが、話を進めさせてもらうぞ。

呪いで切り抜かれた心臓は板状の何かに入れられ、誰かの手に渡るといわれておる。

儂の考えが正しくば、貴様がその板を持っとる筈じゃ。

そこで、モノは相談じゃが、儂はこの乱世でなさねばならぬ事がある。

まだこの世を去る訳にはいかん。

すまぬが、呪いが解けるまで、その臓器、丁重に扱ってくれまいか?


丁重に扱う 68%

乱暴に扱う 32%


助かった。貴様の善心に礼を言おう。

恐らく、儂以外にも呪われた者は居るじゃろ。

暇をみて調べ、見聞を深めておいてくれ。

ひとつ気掛かりなことがある。

貴様が手にしているその臓器。

呪術でいわれる心臓ではないであろう。

...。

なぜ違うと思ったのか?疑問に思うのも無理はない。

それは臓器を抜き取られる直前、腹から痛みが走ったからじゃ。

ふむ、胃、脾臓、腎臓、肝臓...

...。

今、反応したか。

その手に持つのは肝臓か?

肝臓ならば縦に、他の臓器ならば横になぞれ。


縦になぞる 49%

突っつく 51%


あいた!?

ぬぅ...

痛みの位置からして、確かに肝。

ふはは!「心ノ臓ノ晒シ刑」ならぬ「肝ノ臓ノ晒シ刑」か!

これまた痛快愉快奇々怪々!

度肝を抜かれるとは、正にこの事よな。

うん?儂の反応を不思議に思っとるのか。

流石に初めは焦りもしたが、人とは面白いもので、恐ろしければ恐ろしいほど、逆に冷静になるようじゃ。

まぁ、この程度の呪い、儂の歩みを止める理由にもならんがな。

...。

ふははは!次は貴様が度肝を抜かされたか。

感情が様々な方向に行くのう。

面白い!

つまらん者は儂が笑うた時は呆れ返るか、嘲笑うかだが...

どうも貴様はその辺の者とは違うようじゃ。

貴様、名をなんと申す?

...。

む、そうか、貴様の言葉は儂に届かんのだったな。

こればかりは是非もなしよな。

じゃが、こうしておると気が紛れる。

ほんの一瞬だが、悲しみをも忘れられる。

...。

心配か。

貴様は随分と儂に気を掛けるな。

なかなか面妖な人間じゃ。

見ず知らずの男だぞ。

ふはは!止めじゃ止め!腹を探るのはよそう。

儂の肝を握る者!よぉく聞けい。

そして心に刻め!儂の名は...

む?

この感覚...貴様か。

はぁ...ようやく繋がったか。

久しいのう。

一体何をしておった?

流石の儂でも少し肝が冷えたわ。

一年近くおも音沙汰無しではな。

...。

一年というのが驚きなのか?

...ふむ

のう、貴様はあれからどれ程の時を過ごした。

儂と同じ一年か?

一月、七日、一刻か?

よもや、一瞬か。

...。

うむ、そうか。

貴様にとっては瞬きの時であったか。

なんと奇妙な。

より一層この呪術の本質が分からんようになったわ。

頭が混乱してきたら、疲れが湧いてきたわい。

明日に...

いや、また同じ事が起きてしまっては、時間の無駄。

...。

む、何だ。心配しておるのか。

儂が以前と違って気落ちしておるからか...

いやなに、儂とて人の情が無い訳ではない。

小煩い奴が居らんと、静か過ぎる。

...虚しいな。

...。

興味があるのか?

ふっ、物好きな奴め。

思えば、儂に気に掛ける奴は貴様と彼奴ぐらいか...

のう、ここはひとつ話を聞いてはくれんか。

一人のうつけの話じゃ。

そのうつけ者は、気性が荒く、言いつけを守らず、大人からは厄介者扱いされておった。

一方、彼奴の二つ下の弟は、真逆。

言いつけは守り、穏やかで、礼儀も正しい。

周囲からは大層気に入られておった。

ある日、うつけは己を疎ましく思っている母親にかまって欲しく、弟を小突いた。

弟は達者な演技で畳の上で倒れ伏した。

すると、母はうつけに茶器を投げ、増悪の目を向けた。

うつけは酷く怒り、悲しんだ。

そして、女を母親だと思わんようになった。

そんな家中にあって、爺だけがうつけを心配し、彼奴の理解者であろうとしてくれていた。

小煩く、鬱陶しくはあったが。

時が過ぎ父を亡くし、当主として国を治めねばならぬという時にあっても、うつけは愚行を止める事をしようとせんかった。

爺はうつけの目を開かせようと、決死の覚悟で自身の腹に刃を突き立てた。

流石のうつけもこれには堪えた。

...まさにたわけ者じゃ。

爺をそこまで思い詰めさせいたことにも気づかずに...

長話をすまなかった。

しかしなかなかに笑える話じゃろう?

そうは思わぬか?


思う 48%

思わない 52%


ふっ...やはり、貴様は人が良すぎるのう。

のう、うつけはこのままでよいと思うか?

...いや、よい。

聞くまでの事ではない。

...。

なに、うつけのことならば心配はいらん。

お人好しにでも話をして、いくぶんは胸の痛みも和らいでおろう。

さて、うつけの話はこれまでとしよう。

ところであの後、貴様は何か調べたか?

...。

ふむ、まだか。

まぁ、是非も及ばずか。

あの短時間では無茶というもの。

...ひとつよいか。儂の名は、貴様に届いておったか?

...。

そうか、儂の名は届かんかったか。

...。

そう落ち込まんでよい。

それにのう、呪いを解く術が今分かった。

...。

そう驚く事ではなかろう。

儂とて何もせんかった訳ではない。

貴様よりは時間があったしのう。

恐らく、この呪術、儂の名を貴様に明かす事で解けるじゃろう。

名とは古来より呪術に用いられておる。

名で人を呪うものじゃが、ある書物には、名を明かす事によって呪いを解くとされておる。

儂の名が貴様に届かんかったのは、呪いを解く事が邪魔されたという事。

そう考えれば...

今一度行くぞ...よいか?

.........聞けい!儂の名は...

おぉ!貴様か、達者であったか?

...。

そう怒るではない。今一度名を告げる事により、疑念が確信へと変わった。

うむ。やはり名乗りを上げる事が呪いを解く方法らしい。

二度も邪魔をされたとなれば、これは間違えなかろう。

さて、儂はあれから三月の時を過ごしたが、貴様はどうじゃ。

また一瞬であったか?

...。

やはりのう。 時の流れが些か噛み合わんな。

まぁ、よかろう。

儂は今、気分がよい。

...。

何故じゃと?

...儂が建立を命じた寺が、漸く完成する。

せめてもの贖罪じゃ。

彼奴があの世で気に入るとよいが...

...。

貴様は何を心配しておるのだ?

儂がまた気落ちしとるからか?

それとも、儂とまた話が出来なくなる事をか?

...。

ふはは!両方か。なかなか愛いやつめ。

......そろそろか。別れの時が来たようじゃ。

今日は、という事じゃ。

...。

そう怒るではない。

儂の言い方が悪かったわ。

まぁ、三度目となれば感覚は大体掴めた。

さて、時間じゃ。 また会おう友よ。

...。

ん?これは...友か!久しいのう。

この一年、首を長くして待っておったぞ!

儂は今、一仕事終えた後でのう。やっと腰を下ろして茶が飲めるわ。

あの後、儂はマムシという男に呼び出されてのう。

その際に正装に身を包んで、マムシの前に出た。

そしてたらどうだ!周りは皆、目を丸くして、 だらしがなく口を開けておったわ!

...。

困惑?あぁ、貴様は儂の姿を目にした事が無いのか。

うむ、貴様ならよいか。

...実は、儂はのう、普段からだらしがない格好をしておった。

然し、それは儂をうつけと思わせる為の策じゃ。

まんまと儂の策に嵌っておった者は皆、度肝を抜かれた様な顔をしておったわ!

マムシもその一人。彼奴の面食らった顔は二度と拝めんかもしれぬなぁ。

まぁ、無理もなかろう。父の葬儀でも、正装を着ずにおったしのう。

...。

いや、呆れ返るのではない。

敵を欺くには、まずは味方からと申すじゃろ。

この奇策があったからこそ、マムシと提携を結ぶ事が出来たのじゃぞ!

もっと儂を褒めぬか!


撫でる 54%

突っつく 46%


む?頭を撫でておるつもりか?ふっ...良い気分じゃ。

まぁ、マムシと協力関係となった事で、此度の戦に勝つ事ができた。

マムシにとっては絶好の機会にも関わらず、儂を裏切んかった。

皮肉よのう、血を分けた兄弟よりも、マムシの方が信頼ができる。

まっ二番目にじゃが。

...。

一番が誰だか気になるか?

儂が最も信頼をしとるのは...

儂の肝を持つ貴様じゃ。

...。

ふははは!照れておるな?愛いやつめ。


強く肝臓を押す 29%

高速で肝臓を突っつく 71%


あいたたた!?照れ隠しにしてはちと、度が過ぎるわ!

...。

貴様...楽しんどるじゃろ。

...はぁ、全く、貴様でなければ、その首切り落としていたわ。

...。

ふはは!そう怯えんでもよい。安心せい、貴様以外ならじゃ。

相も変わらず、貴様は面白い奴よな。

ところで、ひとつつ良いか?

貴様には仮に兄弟がおる。

そやつが自分の命を狙っておった。

貴様ならそやつをどうするか?

生かすか?葬るか?

前者なら撫で、後者なら か・る・く 突っつけ。


撫でる 50%

突っつく 50%


いや、大事は己の意思で決するべきだな。

すまなかった。

よし、腹は決まった。礼を言うぞ。

さて、そろそろ時間じゃな。

この時が一番、心寂しいのう。

...では、また会おうぞ。我が友よ。

...。

...うん?おぉ!久しいな友よ!達者であったか?

貴様とこうして話すのも此度で五度目か。

貴様の方は何ら変わりはないか?

...。

そうか。ならばよし。

...。

む?儂か?儂はのう、拠点を移したのう。

この地を手に入れるのは容易かったのう。

慢心しておる敵ほど、討ちやすいものはない。

彼奴らは儂の叔父が味方になると思い込み、悠々と過ごしておったわ。

誠に阿呆よな。

それで討たれたとなれば、笑い話にもならん。

...。

む?貴様、討たれた奴の心配をしておるのか?

ふはは!貴様、お人好しにも程があるじゃろ!

うむ、それも貴様の魅力の一つ。

儂はその良心に幾度となく救われた。

じゃが、彼奴にソレを向けるのは、気に食わぬのう。

...。

何を焦っておる?

安心せい、貴様には手を出さん。

阿呆はもうこの世には居らぬ、流石の儂とて地獄まで手が出せぬしな。

じゃが、今頃、灼熱地獄にて罰を受けておるじゃろう。

...どうじゃ?儂が恐ろしゅうなったか?


撫でる 48%

突っつく 52%


儂を恐れぬと?

貴様の居場所を探し当て、討ち滅ぼすかもしれぬぞ。

...。

何?否定、安心?

儂がそのような事をはやらぬと申すのか?

ふはは!そうじゃな、儂の命を握っておるのは貴様じゃ!

迂闊に手出し出来ぬな!

ふははは!ますます貴様を気に入ったわ!

男なら家臣。女なら嫁にしとうぐらいじゃ!

よし、決めた。

儂は必ず、貴様の居場所を突き止めようぞ。

覚悟しておれ!

...。

はっはははは。

驚いたか?

今ではないが、いずれな。

今宵は貴様と時を共にしたい気持ちでおる。

耳をかせい。

ふむ...では昔話を一つするかのう。

例のうつけの話じゃ。

あのうつけに弟がおったじゃろ?

弟とうつけは始めから仲が悪かった訳ではない。

弟が物心着く前はそれはそれは仲の良い兄弟じゃった。

然し、弟は兄との格差を知り、いつしか兄を避けるようになった。

...うつけは、弟と酒でも酌み交わし、共にこの乱世を薙ぎ払いたいと思っておるじゃろう。

...。

同調してくれるか、嬉しく思うぞ。

...うつけがじゃ!決して儂ではないぞ!

ゴホン。

さて、そろそろ時間じゃ。

また会...

えぇい!煩い!なんじゃ、こんな夜更けに!

......なに?マムシが...

...。

友か。

...あれから数月か。時の流れは遅いのう...

...。

なんじゃ、儂の気が沈んでおるのが気になるか。

...友よ。人とは、何かをしておらぬと駄目になるのう...

いや、儂の策ではあるが...

あぁ!実につまらぬ!退屈じゃ!

...。

ははは!急に声が大きくなって驚いたか。ははは!はぁ...

街に出たいのう...

更に言えば兵の訓練や銃を扱いたいのう...

あと、干し柿も食いたい...

隠居してから、暇で暇で仕方ないわ!

彼奴め...三日をも閉じ込めおって...

...。

何故此処に閉じ込められておるのか、疑問に思っておるのか...

儂も分からぬ!

心当たりといえば...

先日、今の当主の懐から金を盗み、その金で着物や茶器、その他諸々買い漁った事かのう...

はした金というのにも関わらず、彼奴は鬼の形相で「隠居殿!もう我慢できませぬ!」と吐かして、儂をこの部屋に閉じ込めおった。

誠に狭量な男じゃ。

そうは思うわぬか?

同意するなら撫でろ。


撫でる 58%

突っつく 42%


そうじゃろ!やはり貴様は話が分かる奴よな!

貴様には話しておこう。

よいか。儂はのう、商人から情報を得る為に、その店一番の品を買っておったのじゃ。

決して良い柄、良い茶器じゃ。と思って買っとらんぞ。

...。

何故、呆れ返っておる。

儂には下心など一切無い!よいな?

然し、誠に暇じゃのう...

此度は、貴様に聞かせるような笑い話も無い。

さてはて、どうしたものか...

友よ。貴様、芸ができぬか?

...。

ふはは!そう焦るでない。冗談じゃ。

貴様を揶揄うのは誠に面白いのう!

...。

ふはは!拗ねるでない!

...。

ん?...まさか!貴様、突っつく気か!?

止めんか!あれはかなり痛いぞ!


突っつかない 54%

突っつく 46%


はぁ...肝が冷えたわ。もう変な気を起こすのではないぞ。

...は!今のやり取りで閃いたぞ。

此処を抜け出すか。

そうと決まれば退路の確認をするかのう!

...何処の道も駄目じゃ...

あっちらこっちらに見張りを配置させておったわ。

流石儂の家臣。無駄に良い働きを見せおって。

...抜け出す事はできぬか。

...あ、忘れておったわ。呪いについてじゃが...

何じゃ!騒がしい!

...そうか。遂に動いたか。

友よ、今宵はここまでのようじゃ。

儂はマムシを救いに行くぞ。

朗報を待っておれ。

...。

おう、友か。

貴様は本当に神出鬼没よな。

月が満ちる時のみかと思いきや、此度は欠けた時。

更に屋外ときた。

いよいよこの呪いの定まりが分からぬのう。

...儂は彼奴を救う事ができんかった。

儂があと少し、早く敵を薙ぎ払っておれば、間に合っただろうに。

...無念じゃ。

...。

そうじゃ、貴様にはまだ話とらんかったな。

...五度目のやり取りの後、ある報告を受けた。

マムシの息子が謀叛を起こしたとな。

謀叛とはいわば裏切りじゃ。

儂は前回のやり取り後、マムシの救援に出た。

あの戦にはマムシの勝機は一切無かった。

儂はそれでも彼奴を救いたい一心で、戦場を駆け抜けた。

然し、マムシを救う事は叶わんかった。

今、後悔したところで何も変わらぬ事はよう分かっておる。

貴様に見苦しい姿を見せてしまう事を許してくれ。

...。

相も変わらず貴様は優しいのう。

...のう、友よ。時が来したら、儂を殺してはくれぬか?

...。

ふははは!冗談じゃ。慌てんでよい。

儂はまだ地獄に逝く訳にはいかぬ。

この乱世を薙ぎ払わなくてはならぬ。

うむ、貴様のおかげで気が晴れた。感謝する。

...さて、時間じゃ。

また会おうぞ。

おぉ...友か...

あれから数月か...

...。

あぁ、儂の事を心配しておるのか...

気落ちしておる事をか...

あの時の事は何とか持ち直す事ができた。

問題はのう...

目の前にあるこの溜まりに溜まった雑務。

どうしたものか...

...。

思いっ切り呆れるのでない!

普段の儂はこうではない!

ただ、その気がせんかったのみ...

決して、苦手ではない!

マムシがこの世を去ってからというもの、儂に雑務を押し付けおって...

......マムシか...

...。

心配いらぬ。

確かにマムシの事は心残りじゃが...そうも言ってられぬ。

なに、ただの掃除よ。

...知っておるか?

埃はのう、纏めて払うと綺麗に取れる。

それは、埃以外にも言える事。

じゃが、その前に...

これを片さねば動こうにも動けぬ。

...よし、彼奴に押し付けるか。

うむ、これにて一件落着じゃな!

機は熟した。後は埃の動き次第よ。

...そろそろか。ではな、友よ。

...なんじゃ、友か...

...。

そうじゃな...ちと疲れたわ...

...。

いやなに、予想通り弟が儂を裏切った。

まぁ、それはよい。問題はこの雑務の量じゃ...

...。

貴様、今またか。と呆れ返ったじゃろ!

今回は決して怠けておらんわ!

実はのう...

裏切った弟の処罰についての話し合いがあった。

儂は弟を許す。その旨を伝えた。

予想通り猛反対の嵐。

思った以上に酷く、これは骨が折れるであろうな。

と頭を悩めておった。

すると、儂の意見に賛同し、周りを説得した者がおった。

儂はその者に、褒美をつかわそう。と申した。

すると、彼奴は大量の半紙を渡し、これをお願い致す。

と、雑務を押し付けたのじゃ...

彼奴、頭が回る奴じゃのう...

...。

貴様、今まで一番呆れておるな...

...一度裏切った者は二度も三度もあるか...

いやなに、話し合いの時、一人の男が申した言葉よ。

事実、そうかもしれぬ。

じゃが、儂は彼奴の事を信じてみたい。

これは賭けじゃ。

彼奴が儂の手を取るか、振り払うかの。

...さて、儂はこの雑務を片すとするかのう。

ではな、友よ。

...。

おぉ、友か!

近頃はやり取りが多く、嬉しく思うぞ。

いやはや、この呪いはつくづくけったいなじゃのう。

呪いと言えば、いつぞやか前に呪いについて話そうと思っておったが...

すまぬ。その事を忘れておったわ。

今のところじゃが、肝を抜き出す呪いも肝を取り戻すは見つからぬ。

じゃが、なかなか面白い呪いがあってのう。

「厠で息を引き取る呪い」じゃ。

誠に馬鹿馬鹿しい呪いじゃが、掛かった者は笑い話の種になる事じゃろう...

ある意味恐ろしい呪いじゃ。

儂とてこれを使うのは気が引ける。

じゃが、この呪いを掛けてみたいと思う儂がいる。

...。

考えてみよ!このような面妖な呪い、掛けてみたいと思わぬか!

...。

そうか、思わぬのか。

...!そうじゃ!貴様に掛けてみるのもまた面白そうよな。

...。

ははは!冗談じゃ、本気にするでない。

そうと分かったならば、その指をしまわぬか。突っつこうとするでない。


突っつかない 30%

突っつく 70%

(続く...)

https://twitter.com/125Inc/status/1156162333489582081?s=20